筋トレで体重が増える原因


ハッキリしているのは、筋トレを正しく行った結果筋肉が大きく増えてきた場合には、筋肉は破壊され回復することで筋肉が以前よりも大きくなります。

 

脂肪は燃焼され減少しますが、脂肪よりも重い筋肉量が増加するので、体重は増加します。

ダイエットであっても筋トレとは、脂肪の燃焼と筋肉の増加を目指すので体重は結果的に増加します。

また、筋トレをしているのでたんぱく質を摂取しないと、そう思ってたんぱく質を過剰摂取しがちになりますが、大事なのは同時にたんぱく質の代謝やエネルギー生成の為には、ビタミン・ミネラルが必須です。


特にビタミンB6やマグネシウム等のミネラルが大事です。


また、休養の為の睡眠には、脂肪を燃焼する成長ホルモンが分泌されます。睡眠不足になるとその成長ホルモンの分泌が減少し筋肉の修復もおそくなります。

筋トレでダイエットを目指す方は、トレーニング方法を考える必要があります。

 

見た目を細く引き締まったボディを作りたい

下半身の大きい筋肉を鍛えて基礎代謝を上げて脂肪燃焼効果を高める事で、筋肉が付き痩せやすい身体づくりが出来、けが予防にもなります。

トレーニングによってカロリーの消費も出来ます。

 

例えば、「スクワット&ウエストねじり」の様に


スクワットしながら、両手を合わせてウエストをねじる、左右交互に行い体幹を鍛える事ができます。

「ボディメイクと美肌が同時に叶う」一石二鳥の新事実として、
科学的根拠に基づき解説しつつ、効果的なエクササイズを紹介しています。

とにかく体重を落としたい方に必見です。

© 2021 筋トレを効果的にするための情報サイト rss